スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥沼化するイラク情勢。

2014.06.27.Fri.22:08
 すでにイスラム教スンニ派の過激派「イラク・レバントのイスラム国」(ISIS)が支配する北部ティクリートにマリキ政権は、国軍の精鋭部隊を投入し、激しい戦闘が続いているようだが、こうしたゲリラ過激派兵士との戦いでは、その資金面や武器の供給などの兵站部分を分断しなければ何の解決にも向わないのは自明のことなのだろうが、そのような対応をマリキ政権は採ろうとしているような観測ができないのは、どうした理由なのかを考えると、このイスラムの宗派間対立にあっての根源的な齟齬が顕著に伺えるのである。
 つまり、この事実が意味するものは、この宗派間対立が未来永劫にわたって妥協点が皆無なことなのである。もっとも、宗教対立、民族間対立、宗教対立など人間存在の根幹を為す事項においては、妥協の余地がないのであろう。

 しかしながら、このイラクの現状はイスラム圏だけの問題ではなく、世界がグローバル化した現状にあっては、将来的には世界を巻き込んだ大戦争に発展する可能性を推測し得るのである。

 ここで米国や中国、ロシア、ドイツ、英国などが自国の権益保護を理由としてこのイラク情勢に介入でもしようものならば、この大戦争への危険性は一層高まるのは、必定である。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140627/mds14062709350004-n1.htm

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。