スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「セウォン号の艶福事故」の対応で引責辞任する韓国首相。

2014.04.28.Mon.22:41
 昨日(27日)、韓国の鄭首相が、先に珍島近海で起きた「セウォン号」の事故にあっての政府の対応に問題があったとして、その責任をとるかたちで辞任を発表した。

 もっとも韓国の首相は、単に国務総理という行政府では大統領につぐ副大統領のような位置付けであって、議会の合意をうけて大統領が承認するポストであるのだが、議院内閣制をとる日本などとは違って行政のトップとしての権力をもつものではなく、単に大統領の補佐的な役割でしかない。
 そのような首相が、韓国海難史上で最大の事故の引責辞任と言うのも妙な話である。本来なら、この転覆事故の対応にあっては最高指揮官としての大統領が責任を取るべきであるのだが、それをとかげのしっぽ切りのように首相が辞任することで問題をすり替えようとすることには、当然のことながら韓国国民から朴大統領への非難が噴出するのはまちがいないところであろう。

 先日の米国オバマ大統領の訪韓で、オバマ大統領自身の口から従軍慰安婦の問題について「人道的にも重大な問題である」というような言質で引き出したことで、韓国国民の反日感情を安定化させるとして朴政権の今後を安泰とするのは、大きい間違いであるのだ。

 そもそも、「セウォン号の転覆事故」では、その初期対応に問題があったばかりではなく、その後の事故対応のまずさが次々と明らかにされてきているなかで、政府担当者の虚偽の説明やメディアのでっち上げも問題となっているのである。
 今日の報道では、真っ先に駆けつけた海上警察の救助艇に、こともあろうにこのセウォン号の船長が乗り移ろうとしている記事がでている。
 なんとも、おぞましい光景であるが、この報道を犠牲者遺族や一般国民がどのように観るかがつぶさに察せられる。

 その後の捜索に置いても、救難についての知識がまったくない筆者にも、その不手際が見えて来るありさまなのである。

 これでは、犠牲者となった高校生ほかの魂が報われないのではないかと思う。
 いまとなっては如何ともし難いが、朴大統領にもっと違った事故対応があったのではないかと訝ってしまうのである。

 何れにしても、首相の辞任でこの事故の責任をすり替えてはならないと、筆者は考える。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140427/kor14042721450006-n1.htm
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。