スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「STAP細胞は、必ず再現できます」。

2014.04.10.Thu.00:53
 理化学研究所の小保方晴子博士が英国の科学雑誌”ネイチャー”誌に掲載された「STAP細胞の研究」論文の真偽について、日本のみならず世界の再生医療の世界を揺るがしている問題で、今日、その論文の提出者である小保方晴子博士が、弁護士を伴って記者会見を開いた。
 そこで小保方博士は、きっぱりと「STAP細胞は再現できます」と言い切ったのであるが、この博士の発言に対してあまりにも質疑に立った記者の質問の低劣さに、この記者会見をTVで視聴していた筆者は、日本のメディアの現状を観た思いだ。
 STAP細胞の発見についての真偽は、それを検証するだけの分子生物学における知識がなければ証明できないことであるので、このブログの一文では、触れないことにする。私見では、STAP細胞の再現を小保方博士に実行していただきたいと願っている。そして、博士にはその実証ができるものだと秘かに願っているものである。

 現実のメディアの報道を注意深く観ていると、小保方博士のSTTAP細胞の発見の意義よりも英国の科学誌”ネイチャー”に掲載された論文の信頼性についての議論に終始しているように、筆者には感じられてある種の失望感を覚えている。
 小保方博士が、今日の記者会見で述べているように「データの取り違えはあり」得る事なので、それをことさら問題にするのは、このSTAP細胞の発見の意義からすれば、あまりにも陳腐であると言わざるを得ず、その非は博士も認めているのである。
 確かに、理研の審査委員会が発表した「実験ノートの存在が2冊であった」と公表しているが、それは今回の小保方博士の記者会見で「実験ノートは4,5冊」だと、述べている。この辺りの齟齬は、どこに問題があるのかという疑問を解明する一つのカギとなろう。

 なにはともあれ、小保方博士には今後もSTAP細胞に関する研究を継続していただいて、輝かしい成果を実証していただきたいものである。

 もっとも、自然科学の世界では、小保方博士のような学者の存在はあり得ないことであり、この会見での博士の説明は、到底、信用できるものではないことをこの一文の最後に記しておきます。

(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140409/wlf14040916155005-n1.htm

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。