スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦境に立たされる台湾の馬政権。

2014.03.29.Sat.03:37
 台湾の「サービス貿易協定」を巡る学生と馬英九総統の対立は、すでに打開策が見出せないまま、混迷の度合いを深めている。
 今後、馬総統が採り得る策は武力による弾圧しかない状態にまで追い込まれているのだが、台湾市民の対応は「サービス貿易協定」の破棄を訴える学生を支持する方向で多くが動いているようだ。
これに拍車をかけているのが馬政権の学生に対する強硬な対抗措置である。デモ学生を支援する女性国会議員の一人は武装した警察官によって顔面のみならず胸などを殴打されて肋骨を骨折し、瀕死の状態で病院に搬送されたり、路面に並んで横たわる無抵抗の学生に警棒で頭と言わず危険な部位を狙って卑劣な暴行を繰り返しているのが、台湾の現政権の対応なのである。

 こうした実状を目の当たりにする、あるいは報道で真実を知る台湾市民は、学生に同情こそすれ馬総統の政策を支持するとは、とてもじゃないが考えられないことである。
 今後の馬総統の採り得る打開策は、暴力によって学生などの「サービス貿易協定」の締結に反対する一般市民を弾圧するしかないのが、台湾の現状だろう。

 そもそも、この「サービス貿易協定」は台湾にとっては、受け入れがたい条約であるのは間違いなく、しかも、その成立過程に多くの問題があるようなのだ。
 
 台湾市民としては、今後も安心した生活を望むのが難しい状況になっているということであり、このことは台湾ばかりではなく、我が国(日本)の今後にも暗雲となっているのである。

(この記事を参照のこと>

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140327/chn14032722390011-n1.htm
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。