スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村山元首相の韓国での発言。

2014.02.12.Wed.23:59
 この老いぼれた元首相は、韓国国内で尚も歴史的事実を無視した認識による「大東亜戦争中の韓国人慰安婦についての発言」を繰り返しているのだが、そもそもこの問題がご自身が1995年当時の、首相談話として公表したものをそのまま、踏襲、裏打ちする結果となっていることについて、どのようにお考えなのだろうか.

 いま、日本国内では、この村山氏が談話として発表した「朝鮮半島の日本統治についての歴史認識」、いわゆる『村山談話』の事実誤認が議論されている最中でありながら、この日本の現状を無視する形で『村山談話』の正当性を述べることが、どれほど日本の国益を損ねているか、ということに思い至らないのが筆者としては不思議でならない。
 こうした愚昧を繰り返すのであれば、この『村山談話』の歴史的信ぴょう性を証明する根拠を挙げなければならない。そして、その論理性を改めて現代の日韓両国の社会に問わなければならないことであるはすなのだが、このご老人は全く持って、この辺りの配慮がない。
 このような愚かな発言を繰り返すことが、ご自身にとっての元首相としての経歴にどのように影響するかを考えてもらいたい。つまり、筆者としては、猛省をお願いしたいのである。

 筆者が今、思い起こしているのは1995年1月17日に起きた「阪神・淡路大震災」のことであるが、当時の首相が、この村山富市氏である。
 大震災で崩壊した家屋の下敷きになり、迫り来る火炎に怯えながら救い出されることを願った被災者の想いを、自衛隊の出動を許可しないことで、救出されなかったことについて、この村山氏の政治家としての見識である。このときに、自衛隊の出動があれば救われた被災者の生命も少なからずあったはずなのだが、それも今となれば虚無の彼方に追いやられている。

 これはあくまでも筆者の私見だが、この村山氏の「阪神・淡路大震災」における危機管理に対する判断は、総理としての判断を問う前に、人道的な見地からも問題となるのではないだろうか。
 そうでなければ、「阪神・淡路大震災」で救済されるはずの生命が、無碍に死に追いやられてしまったわけで、「東日本大震災」での自衛隊の救済支援活動とダブらせて想いかえすと、筆者は何とも虚しい想いにかられるのである。( >この記事を参照

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140212/kor14021213420005-n1.htm
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。