スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の知事が、竹島に不法上陸した。

2014.01.30.Thu.01:26

 あいも変わらず韓国の政治家が、国際社会の常識から観ても理解に苦しむ行いを繰り返している。そればかりか、「意味不明の発言」を繰り返している。「日本政府は、『国際社会から厳重な叱責と批判を受ける』であろう」などと、まさに国際感覚の観点に立てば「狂気」としか言いようのない発言をくりかえしているのである。

 そもそものこの知事の認識の齟齬は、間違った資料、捏造された歴史観に根差した「蒙昧」であることであることすら認識がないのである。
 韓国の知識水準、教育水準を問題にする気はないが、あまりにも、この知事のような理解に苦しむ発言が韓国の政治家から続くようなので、どうしても韓国人の知的水準を疑いたくなる、というものだ。

 そもそも、「竹島」は、日本の固有で領土であることは国際社会の明確な確認事項であるのだが、それを理解しようとしない営為の繰り返しは、蒙昧としか言いようがないではないか。

「竹島」は、戦前から日本人が生活し、島根県の漁民が漁をしていたのであるが、それを戦後の混乱に乗じて、時の韓国大統領である李承晩が、独断的に「李承晩ライン」と称される国境線を定め、それをさも国際的に認知された国境線であるかのように主張しているのである。まさに、これを「蒙昧」と言わずして、何を「蒙昧」とするのか。

 そればかりか、日本が「国際司法裁判所に提訴」しようとすれば、それに応じることもせず、ことあるごとに「竹島は、韓国の領土である」と繰り返し韓国の政治家が発言するしているのだ。

 この知事の発言にどんな他意がああるのかを考えることは意味がないのであるが、この発言には何ともその真意が見えてこない。つまり、日本人にその真意が伝わらなければ、この行為そのものが無為であると言うしかない。
(この記事を参照のこと)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140129/kor14012913070001-n1.htm 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。