スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の衛生管理は大丈夫か?

2014.01.28.Tue.14:45
韓国では、旧正月で人の移動が拡大されようとしている中、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8型)が全国に、すでに拡散しているようだ。この拡散については、韓国の当局の対応のまずさが指摘されている。

 そもそも、筆者としては韓国の衛生当局の管理の在り方に疑問を持っているのだが、その詳細については認識していないので言及できないが、産物のキムチに糞尿がまじっていたり、ドラマなどで映し出される裏町の様子などを観ても、衛生管理ばかりか衛生に関する観念すら疑いたくなるのである。

 そして、ここにきて高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8型)の拡散、蔓延である。
 鳥インフルエンザは、家禽ばかりではなく、渡り鳥を介在して拡散されることが確認されている以上、この時点で拡散が止まることは考え難く、また、その対応策をこうじることがなければ、際限なく感染が拡散することを意味しているわけだから、隣国である我が国にも感染が拡がるとことも考えられなくもない。
 こうした韓国の衛生当局の対応に憤りを感じるばかりか、その情報を隠蔽する政治体質には呆然とするしかないというのが、筆者の心情である。

 韓国の衛生当局は、まず、この高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8型)の拡散の防止に全力をつくさなければならないということであり、そしてその拡散状況や国民の日常生活での鳥インフルエンザの感染防止の徹底した情報開示が必要であることを声高に抗議したい。
( この記事を参考のこと )

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140128/kor14012811040001-n1.htm
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。